編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
VMWorld

ヴイエムウェア、仮想環境とクラウド環境を保護する「AppDefense」発表

Charlie Osborne (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-08-29 12:30

 VMwareは米国時間8月28日、「AppDefense」を発表した。VMware vSphereベースの仮想化環境とクラウド環境の両方で動くアプリケーションを保護するための新しいセキュリティソリューションとなる。データセンターのエンドポイントのセキュリティを念頭に開発したと説明している。

 AppDefenseは「least privilege(最小権限)」モデルを利用し、業務アプリケーションに接続するユーザーに必要なアクセスのみを提供できるようにする。これにより、もしアカウントが攻撃されても被害を最小限に抑えることができるという考え方だ。

 AppDefenseはまた、アプリケーションの振る舞いを制御し、攻撃を自動で検出して対応できるという。「AppDefenseにより、VMwareは業界を新しいセキュリティモデルに移行させる。意図ベースでアプリケーションにフォーカスした本質的なセキュリティモデルだ」とVMwareは述べている。

 VMwareによると、AppDefenseは「意図ベースのセキュリティ」を活用するという。vSphereにコンポーネントを組み込むことで仮想及びクラウドにあるアプリケーションの「意図した状態」をシステムがモニタリングするというものだ。

 アプリケーションの意図した状態を理解することで、アプリの振る舞いに許可されていない変更が加わっていないかをモニタリングすることや、検出、対応が可能になる。AppDefenseはハイパーバイザにより保護されており、vSphere、VMware NSXと連動して、企業のアカウントハイジャック、データ窃盗や破壊などの脅威に自動的に対応できる。

 この新しいソリューションによって、セキュリティチームは自分たちの取り組みをより明確にでき、アプリケーション開発者との協業を図ることで、可能な限りセキュアな企業システムの維持を実現できるという。

 VMware AppDefenseは「VMware vSphere 6.5」のユーザー向けに米国で提供が開始された。年間500ドルのサブスクリプションとして提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]