SAP、要員計画ツールと財務ツールを統合

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 2017年08月31日 13時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPは米国時間8月30日、要員計画ツール「SuccessFactors Workforce Planning」とクラウド財務アプリケーション「SAP RealSpend」の新たな統合を発表した。統合により、企業はスプレッドシートを使って人件費の予算編成をする必要がなくなり、人材と財務に関する意思決定を1年を通じて細かく調整できるようになる。

 SAP SuccessFactorsの製品担当責任者であるAmy Wilson氏は、米ZDNetの取材に対して次のように語った。「どの企業にも年間予算があり、その予算を見れば、雇用できる人員数や、売上高と支出の面で目指そうとしている目標が分かる。なかでも人員数は、人件費が支出の大部分を占める現代においては特に重要だ」

 SAP SuccessFactorsの要員計画ツールは、戦略的および運用上の要員計画を提示する。戦略的な要員計画が中長期的な事業目標に特に焦点を当てるのに対して、運用上の要員計画は、もっと差し迫った経営状態に対応する。運用上の計画の方がもっと直接的に、RealSpendがもたらす財務情報の可視化からメリットを受けられる。RealSpendは、核となる財務システム「SAP S/4HANA」からデータを引き出す。

 「年に1度、計画を策定すれば済む話ではない。場合によっては、年間を通じて、経済状況や市況に合わせて計画を調整し続ける必要がある。例えば、売り上げが低迷する見通しなら、出費を抑えなければならないかもしれない」(Wilson氏)

 Wilson氏はさらに、従来のスプレッドシートに基づく要員予算編成をやめれば、情報の安全性が高まり、利用通貨の異なる全世界の従業員のような要因を考慮に入れて、もっと微妙な決定が下せるはずだと指摘する。

 統合版は、2017年第3四半期リリースのSAP SuccessFactorsですでに一般提供が始まっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算