情報漏えい対策「GUARDIANWALL」に攻撃メールの検知機能--キヤノンITS

ZDNET Japan Staff

2017-09-12 18:40

 キヤノンITソリューションズは9月12日、メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL Mailファミリー」の新版を発表した。メールの誤送信対策やアーカイブ、情報漏えい対策の機能が強化され、10月3日から提供する。

 最新版は、サイバー攻撃による情報漏えいなどのケースで初期侵入の手口に利用されることの多い攻撃メールの検出機能を搭載した。標的型攻撃メールなどの特徴となっている不正プログラムが埋め込まれた添付ファイルや実行形式ファイル/スクリプト、また、偽装されたリンクやフリーアドレスで送信されたメールを検出する。

最新版の新機能イメージ''
最新版の新機能イメージ

 また、メール送信時に送信者自身に誤送信の確認を必須にさせる機能も追加。誤送信対策では、上司らによるダブルチェックを行う機能が一般的だが、セルフチェックを必須にすることで、承認者に負担のかからない運用もできるという。この他に、リッチテキスト形式メールやSAML2.0によるシングルサインオンにも対応した。

 一般的向けLinux版の初年度ライセンス価格は、50ユーザー環境の場合で26万1000円などとなっている、

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]