シスコ、チェンバース氏が取締役会を退く意向--ロビンスCEOを会長に指名へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年09月19日 17時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cisco Systemsは米国時間9月18日、会長であるJohn Chambers氏が取締役会を退くと発表した。

CiscoのJohn Chambers会長
Ciscoの元最高経営責任者(CEO)John Chambers氏

 Ciscoの前最高経営責任者(CEO)でもあるChambers氏は、24年にわたって同社の取締役会に在籍している。

 Ciscoの発表によると、同氏は12月にその任期が満了した際、会長としての再選を目指さないという。その後任には、現CEOのChuck Robbins氏が指名される見込みであり、Chambers氏は名誉会長という職に就くことになる。

 Chambers氏はCiscoのCEOを20年にわたって務めた後、2015年に同社の会長に就任していた。同氏はCEO在任中に、Ciscoの製品ラインを刷新し、年間売上高を500億ドル近くにまで引き上げた実績で知られている。また、同氏は1993年からCiscoの取締役会に名を連ねている。

 会長退任を機に、Chambers氏は同社の日々の運営から退くことになると見込まれている。

 声明のなかでRobbins氏は、「Johnは20年以上にわたって、その類いまれなるマインドと思いやり、カリスマ的なリーダーシップによって、現在のCiscoを形作るために貢献してきてくれた。われわれ一同感謝している」と述べている。

 またRobbins氏は「業界に対するJohnの影響力は絶大であり、誠実さとイノベーションという文化に根ざすCiscoを作り上げてくれた。この文化は今後数十年にわたって従業員やパートナー、顧客を支えるものであり続けるだろう」とも述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算