編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

シスコ、チェンバース氏が取締役会を退く意向--ロビンスCEOを会長に指名へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-09-19 17:25

 Cisco Systemsは米国時間9月18日、会長であるJohn Chambers氏が取締役会を退くと発表した。

CiscoのJohn Chambers会長
Ciscoの元最高経営責任者(CEO)John Chambers氏

 Ciscoの前最高経営責任者(CEO)でもあるChambers氏は、24年にわたって同社の取締役会に在籍している。

 Ciscoの発表によると、同氏は12月にその任期が満了した際、会長としての再選を目指さないという。その後任には、現CEOのChuck Robbins氏が指名される見込みであり、Chambers氏は名誉会長という職に就くことになる。

 Chambers氏はCiscoのCEOを20年にわたって務めた後、2015年に同社の会長に就任していた。同氏はCEO在任中に、Ciscoの製品ラインを刷新し、年間売上高を500億ドル近くにまで引き上げた実績で知られている。また、同氏は1993年からCiscoの取締役会に名を連ねている。

 会長退任を機に、Chambers氏は同社の日々の運営から退くことになると見込まれている。

 声明のなかでRobbins氏は、「Johnは20年以上にわたって、その類いまれなるマインドと思いやり、カリスマ的なリーダーシップによって、現在のCiscoを形作るために貢献してきてくれた。われわれ一同感謝している」と述べている。

 またRobbins氏は「業界に対するJohnの影響力は絶大であり、誠実さとイノベーションという文化に根ざすCiscoを作り上げてくれた。この文化は今後数十年にわたって従業員やパートナー、顧客を支えるものであり続けるだろう」とも述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]