サポート詐欺で仮想通貨を発掘させる攻撃発生--別の犯罪も

ZDNet Japan Staff 2017年09月29日 12時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは、偽のサポートサイトにアクセスしたユーザーのコンピュータに仮想通貨を発掘させるコードを拡散する攻撃を報告した。攻撃の9割近くが日本に集中しているという。

 今回の攻撃では、改ざんされたウェブサイトへユーザーがアクセスした際、ウェブブラウザの種類によって異なる手法が使われる。

 Chromeの場合は、ウェブページにフィッシング攻撃用のスクリプトが直接組み込まれ、このスクリプトによってHoefler Textフォントのダウンロードを求める通知が表示される。しかし、中身は不正な実行ファイルになっている。

 Internet Explorerの場合、仮想通貨のMoneroを発掘させるJavaScript形式の「Coinhive」を組み込んだサポート詐欺のページに誘導される。このページはMicrosoftを装ってユーザーに、「PCがマルウェアに感染している」との警告メッセージを表示し、指定した番号へ電話するよう仕向ける。この間にコンピュータ上でCoinhiveが実行され、Moneroを発掘している。

 なお、同社が確認した時点ではFireFoxへの攻撃は発生しなかったという。

サポート詐欺サイトの一例(出典:トレンドマイクロ)''
サポート詐欺サイトの一例(出典:トレンドマイクロ)

 万一仮想通貨の発掘が行われても、ユーザーはPCの動作が重くなるなるなどの症状しか感じないといい、攻撃に気が付かない場合がある。ただ、不正に仮想通貨を発掘させるような攻撃ではそれ以外にも、被害に遭ったコンピュータがクロスサイトスクリプティングや遠隔でのコード実行、ブルートフォース、SQLインジェクションなど、さまざまなサイバー攻撃の踏み台にされてしまう場合があるとしている。

 同社によれば、今回の攻撃では、ウェブサイトやブラウザを閉じれば攻撃活動を止められる。こうした被害に遭わないようにするには、OSやブラウザなどのアプリケーション、セキュリティソフトを最新に更新しておくほか、JavaScriptをブロックするツールの活用をアドバイスしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算