編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
Oracle OpenWorld

オラクルは自律型DBで人の関与を防ぐ--コストはAWSの半分

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-10-02 18:45

 Oracleの最高技術責任者(CTO)Larry Ellison氏は、自律型データベース「Oracle Database 18c」(18c)と、18cを保護するサイバーセキュリティシステムを発表した。その狙いは、データベースとサイバー防御を自動化して、人間に任せることによるデメリットを軽減することだ。

 米国時間10月1日、Oracleの自社イベント「Oracle OpenWorld 2017」の開幕にあたって同氏が基調講演で強調したのは、自動化技術についてと、機械学習がインターネットと同じくらい革命的な技術であることについてだった。同氏によれば、この自律型データベースとサイバーセキュリティシステムは一緒に開発されたという。これは、このサイバーセキュリティシステムが、利用を継続しながら自動的にパッチを適用する機能を持つ18cに対して、警告を送るように設計されているためだという。サイバーセキュリティシステムに関する詳細は、10月3日に発表される予定だ。

 18cとサイバーセキュリティシステムの自動化を可能にしたのは機械学習技術だ。この2つのシステムは将来完全に自動化されるという。「これらのシステムは、データが盗まれるのを防ぐために設計され、一緒に開発された。当社は人間の関与を防ぐために、あらゆる手を打っている」とEllison氏は言う。「サイバーセキュリティシステムは脅威を素通りさせるのではなく、検知する。データベースシステムは自動的にパッチが適用されるようになっているため、パッチ適用のために人間が1カ月後から2カ月後のダウンタイムをスケジュールするのを待つ必要はない」

 Ellison氏は、データ漏えいについて詳しい人なら誰でも知っている厄介な事実を指摘した。それは、「史上で特に深刻なデータ漏えいは、パッチが提供された後に起こった」ということだ。

 同氏が機械学習について語ったことの多くは、新しい話ではない。機械学習については、Microsoft、Google、Amazon Web Services(AWS)、IBMなどをはじめとするほかの企業も語っている。だがEllison氏の話は、機械学習をデータベースの適応とチューニングに用いるという点で新しい。

 「これは重要なことだ。他にこれを行っている企業はない」と同氏は言う。「これは、当社の長い歴史で最も重要な成果だ」

 またEllison氏は、Oracleの次世代自律型データベースである18cは、従来のデータベースよりも安全であり、人手も掛からないと主張した。同氏は、自動化はデータベース管理者の雇用を脅かすわけではなく、セキュリティなどのより高度な仕事ができる余裕を与えるものだと述べている。「データベース管理者はやることがなくなるわけではない」とEllison氏は言う。

 当然ながら、Ellison氏が矛先を向けたのはAWSだった。同氏は、Oracle 18cのコストをAWSの半額に引き下げることができると語った。Oracleはこれを明文化する方針だという。

 Oracle Database 18cはオンプレミスでも、同社のパブリッククラウドでも、顧客が運用するクラウドでも利用できる。18cのデータウェアハウス版は12月に、OLTP版は2018年6月にリリース予定だ。

 Ellison氏によれば、Oracle 18cの一番の目玉は自動化だという。同氏は、データベースに関与する人間が少ないほど、内部関係者による脅威が減ると主張している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]