調査

やはり根強い「Excel」でのデータ活用--中堅中小企業のBI・帳票ツール利用実態

NO BUDGET 2017年10月11日 13時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノークリサーチは10月5日、中堅中小市場を対象としたビジネスインテリジェンス(BI)と帳票ソフトの導入シェアおよびユーザー評価に関する調査結果を発表した。

 中堅中小企業ではBI・帳票の導入率がまだ低く、多くの製品が僅差でシェアを競う状態となっているため、年ごとに順位も大きく変動する傾向があるという。また、導入済みの製品については、Office製品といった汎用的なツールをBIや帳票の用途に利用する割合が高かった(図1)。

図1:導入済みの「BI・帳票」製品/サービス
図1:導入済みの「BI・帳票」製品/サービス(出典:ノークリサーチ)

 BIや帳票に特化した専用ツールが中堅中小企業向けのラインアップを拡充する一方で、「Microsoft Excel」に代表される汎用ツールもデータ分析機能を強化している。そのため、データ活用の促進が専用ツールの導入拡大に直結しない可能性がある点にも注意が必要だと指摘する。専用ツールベンダーは、汎用ツールとの違いを分かりやすく訴求することが重要になってくる。

 調査では、ツールの導入背景として「機能」「価格」「開発元の提案力/開発力」「開発元の保守/サポート」などの観点で、肯定的および否定的のそれぞれの回答を集めている。

 肯定的な項目の一部を抜粋し、年商500億円未満全体で集計した結果をプロットしたものが図2である。「機能がニーズに合致している」の回答割合が「価格がニーズに合致している」より高く、入に際しては機能面が価格面よりも重視されていることが分かる。

図2:最も主要な「BI・帳票」製品/サービスの導入背景
図2:最も主要な「BI・帳票」製品/サービスの導入背景(出典:ノークリサーチ)

 また、「評価/満足している機能や特徴」の内、集計/分析の手法に関する項目」を抜粋し、前回調査(2016年)と今回調査(2017年)で比較している(図3)。

 2017年は「データウェアハウスを構築せずに集計/分析を行える」と「インターネット上のデータを集計/分析の対象にできる」の回答割合が、2016年に比べて高くなっている。社内の業務システムだけでなく、インターネット上でのさまざまなデータを手軽に組み入れられる集計/分析ツールが高い評価を得ていることが分かる。

図3:最も主要な「BI・帳票」製品/サービスに関して評価/満足している機能や特徴(出典:ノークリサーチ)
図3:最も主要な「BI・帳票」製品/サービスに関して評価/満足している機能や特徴(出典:ノークリサーチ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算