「Office 365」の企業アカウントを狙う「KnockKnock」攻撃

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年10月12日 10時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 管理者アカウントやシステムアカウントは多くの場合、自動化されており、ないがしろにされがちだ。さらに、2要素認証で守られておらず、貧弱なパスワードで保護されているだけの場合もある。犯罪者らはこうしたアカウントを標的にして、企業向け「Office 365」の電子メールアカウントへのアクセスを取得し、フィッシングやデータ窃盗などを行っている。

 こうした攻撃は「KnockKnock」と呼ばれ、5月から継続的に実行されている。標的になっているのは、製造業や金融サービス、医療分野、消費財、米国の公共部門の組織だ。

 個々のユーザーのアカウントではなく、定期的に使われていない可能性のあるシステムアカウントを標的にすることで、攻撃者は悪事が発覚する確率を下げられると考えている。多くの場合、これらのアカウントは「Exchange Online」のアカウントだ。Microsoftの定義では、Exchange OnlineアカウントはOffice 365アカウントのカテゴリに分類される。

 さらに、攻撃者は少数のアカウントを標的にすることで、自らの存在を隠そうとする。セキュリティソフトウェアによる検知を回避するため、それらのアカウントの突破を3~5回試みた後、別の組織への攻撃に移るのだ。

 さらに、Skyhigh Networksの研究者らによって発見されたKnockKnockボットネットは比較的小規模で、63のネットワークのわずか83個のIPアドレスに分散されている。

 標的にされる管理者アカウントは通常、企業の電子メールシステムとマーケティングおよびセールスオートメーションソフトウェアを連携させる場合に使われているものだ。これらのシステムアカウントが攻撃者にとって魅力的なのは、普通のアカウントより高度なアクセス権限と特権を付与されていることが多いからだ。

 それらのアカウントが通常、自動化されていることを考えると、2要素認証で保護されている可能性は非常に低い。また、そうしたアカウントは企業環境内で共有する必要があることが多いため、貧弱なパスワードを使用している可能性もある。結局のところ、KnockKnockはそれら2つの要素を悪用して、標的のネットワークへの侵入を試みるというわけだ。


提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算