編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

中国クラウド大手のAlibaba Cloudがレッドハットと提携

Eileen Yu (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-10-16 11:53

 Alibaba Cloudが自社顧客へのRed Hat製品の提供を開始すること、そして、自社のパブリッククラウドプラットフォーム上でRed Hatの顧客をホストすることを発表した。

 Alibaba Cloudは、中国の巨大Eコマース企業Alibaba Groupのクラウドコンピューティング事業だ。Alibaba Cloudによると、同社はRed Hatの「Certified Cloud and Service Provider」プログラムに加わったという。同プログラムは、Red Hatのオープンソース製品を実行できることをテストで認定されたテクノロジパートナーで構成されている。

 Alibabaによると、近々、同社のクラウドマーケットプレイスでRed Hatの製品が利用可能になる予定で、それには従量課金モデルの「Red Hat Enterprise Linux」も含まれるという。「さらに、数カ月以内に、Red Hatの顧客は資格があり未使用のRed Hatサブスクリプションを同社のデータセンターからAlibaba Cloudに移行できるようになる」とAlibabaは述べた。

 またこれにより、顧客は自分のオンプレミスのRed HatサブスクリプションをAlibabaのパブリッククラウドに移行し、同時にRed Hatとの直接的な関係も維持できるようになるとした。

 この提携により、Red Hatは中国で大規模な潜在顧客ベースにアクセスできるようになる。Alibabaは中国で最大のパブリッククラウドプロバイダーであり、顧客にはCITIC GroupやChina Huaneng Group、PICC Financeが含まれる。

 Alibabaは、クラウド事業の有料顧客数が初めて100万を突破し、四半期の売上高が24億3000万元(約3億5900万ドル)を記録したことを8月に明らかにしていた。

 一方、Red Hatによると、アジアは同社にとって最も急速に成長している地域だが、売上高への貢献度は最も小さいという。アジアの勢いは今後も続く可能性が高い、と最高経営責任者(CEO)のJim Whitehurst氏は2016年9月に米ZDNetに述べている。Whitehurst氏によると、アジアの開発途上国は既存テクノロジの置き換えではなく、多くの全く新しいインフラストラクチャプロジェクトに着手しており、そうしたプロジェクトの大半にオープンソースが関わることになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]