編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

AI活用の「デジタルホスピタル」を現実へ--医療法人社団KNIとNECが提携

NO BUDGET

2017-10-27 06:00

 医療法人社団KNIとNECは、人工知能(AI)を活用した「デジタルホスピタル」の実現に向けた取り組みを発表した。

 取り組みの一環として両社は、医療現場の改善箇所を検討・抽出し、KNIが退院を遅らせる要因を過去の電子カルテデータから分析した。そして高い改善効果が見込まれる入院患者の不穏行動の予兆検知と退院先の予測を行った。不穏行動とは、入院患者に起こり得る急性の錯乱状態のこと。幻覚妄想、感情不安定、混乱などがある。

 KNIによる実証では、患者が着用した時計型のセンサからバイタルデータ(体温、心拍など)を取得し、これらのデータからAIを活用して特徴を抽出、不穏行動につながる予兆の検知に取り組んだ。同実証には、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用した。


 その結果、不穏行動の予兆のある患者を71%の精度で約40分前に未然検知できた。これまでは、患者の不穏行動が起こってから対応していたが、AIで不穏行動を予兆検知することで、予兆段階での対応が見込める。これにより、患者の入院長期化の回避、対応するスタッフの業務負荷軽減が期待できる。

 退院先の予測については、入院翌日の電子カルテデータから退院先を84%の精度で予測できた。入院の早期の時点から退院・転院調整を行うことで、退院待ちの解消、患者の早期社会復帰、ベッドが空くことによる新たな患者の受け入れも期待できる。

   

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

  3. 開発

    初心者でもわかる「コンテナとは?」から語るセミナー、ピュア・ストレージが最大の買収で得たものとは

  4. 運用管理

    リモートワイプ以外も充実、最新MDMのデバイス管理機能 担当者が知っておくべき3つの新常識

  5. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]