編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ファイアウォール越しのOData接続を可能にしていく--プログレスソフトウェア

國谷武史 (編集部)

2017-11-02 06:00

 米Progress Softwareは、OData(Open Data Protocol)によるセキュアなデータ接続に対応する「Hybrid Data Pipeline」を開発し、国内向けの展開を始める。プロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのDion Picco氏は、「2016年末にODataがISO/IEC 20802-1/2として指定され、ファイアウォール越しのデータ接続が本格化していく」と話す。

 同社は、ODBCやJDBC、ADO.NETなどを介したアプリケーションやデータベースのコネクタを長年にわたって手掛けている。主要顧客のISVがクラウドアプリケーションを展開するようになり、「データ量やリスクの増大が懸念される。従来のAPIでは提供元による細やかな差異やクエリ、メタデータへの対応に課題があり、開発者を悩ませていた」という。

「Hybrid
「Hybrid Data Pipeline」のアーキテクチャ

 Hybrid Data Pipelineは、同社が2013年から提供するデータ接続のクラウドサービス「DataDirect Cloud」をパッケージ化したソフトウェアとなる。ODBCなどの従来形式やODataのRESTful APIによるデータ接続の機能と、プロキシやアクセス制御、SSH接続、認証などのセキュリティ機能を提供している。

 Picco氏は、特にクラウドを利用した高度なデータアナリティクスへの需要がデータ接続の課題を顕在化させるとみる。「2019年には世界で300億ドル市場になるとの予測もあり、ユーザーはISVが提供している各種APIに対応していかなければならない。オンプレミスのアプリケーションやデータベースとクラウドを接続するようになれば、ファイアウォールをセキュアに越える対応が求められる」

Progress
Progress Software プロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのDion Picco氏

 同社はODataの標準化にも関わり、Hybrid Data Pipelineでは「Universal API」をコンセプトに掲げる。「標準化されたODataを採用する動きが広まれば、ユーザー内の環境とクラウドを『プラグ・アンド・プレイ』のように、迅速かつ容易に接続していくことが必要になる。基幹業務アプリケーションにおいて既にその取り組みが始まっている」

 例えば、会計サービスのIntuitでは、約1万人の営業担当者が利用する顧客関係管理(CRM)アプリケーションをOracle SiebelからSalesforceへ移行する際に、オンプレミスのSiebelからクラウドのSalesforceへデータを取り込むコネクタとして採用した。「短期間でオンプレミスにある大量の顧客データをSalesforceで利用する仕組みとして導入されている」

 Picco氏によれば、同様の動きはビジネスインテリジェンス(BI)ベンダーや一部のERPベンダーの間に広がり始めた。ODataが、新たなデータ連携の標準になったことで、今後はISVにおける対応が加速していくといい、国内でもISVなどにおけるODataへの対応支援にあたっていく考えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]