編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ドリーム・アーツ、ひびきSm@rtDBのREST APIを公開--他システムと連携しやすく

ZDNet Japan Staff

2014-10-14 07:00

 ドリーム・アーツは10月10日、ウェブデータベース「ひびきSm@rtDB」の最新版となる「ver.3.4」を発表した。スマートデバイスの普及を背景に、多様なアプリケーションから利用したいとの要望に応じる形で、REST-APIを初めて公開した。

 REST-APIは、アプリケーションが持つ機能やデータを、ウェブインターフェースを介して外部の他システムと連携させるAPIのこと。ひびきSm@rtDBのREST-APIを利用することで「文書一覧情報の取得、文書検索」「文書登録、更新」「添付ファイルの取得、追加」「ワークフロー承認」といった機能を利用する別の業務アプリケーションを開発できる。

 例えば、ひびきSm@rtDBのデータを取り出し、それを元に業務アプリケーションをスマートデバイスから利用したり、カメラやGPSなどから生じたデータをひびきSm@rtDBで管理することも可能になる。

 ver.3.4は、10月10日から提供を開始する。ライセンス価格は、1000ユーザーの場合で1ユーザ9000円(税抜)としている。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]