海外コメンタリー

セキュリティだけではない、クラウドへの移行を阻む3つの懸念 - (page 2)

Christine Parizo (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-11-15 06:30

アプリケーションのスケーラビリティとレイテンシにまつわる懸念

 Swym Systemsの最高経営責任者(CEO)Todd Millecam氏は、「クラウド上での業務遂行を考えると、コンピュータリソース1台あたりにかかるコストは、自社でハードウェアを購入する場合よりも高くなる。クラウドの利点は、業務の管理やメンテナンスにかかわるコストが可変であるという点にあるのだ」と述べている。とは言うものの、クラウドに移行してもコスト上のメリットを見出せない企業もあるはずだ。Millecam氏は例として、既に数多くのワークステーションを導入しており、ITスタッフを多数雇用している中規模企業や、DevOps要員を既に配置しており、クラウドプロバイダーによる管理サービスを必要としていない大企業を挙げている。

 「予想される労働コストがホスティングコストの2倍を下回るという場合、クラウドはコストパフォーマンスに優れた選択肢とはなり得ないだろう」(Millecam氏)

 Millecam氏は、アプリケーションのレイテンシに対する許容度合いも考慮すべきだと述べている。科学技術関係や医療関係といった、レイテンシに対する要求が厳しいアプリケーションを使用している企業は、遅延の発生というリスクを抱えることになる。同氏は「クラウドへの移行は、未知の隣人とのコンピュータの共同利用とともに、常に変化するネットワークの使用を意味している。この隣人は声が大きい、すなわち該当コンピュータのリソースを大量に使用する可能性もあるため、クラウドサーバへの経路が予期せぬタイミングで若干長くなる可能性もある」と述べている。

 クラウドプロバイダーはサービスレベル合意書(SLA)を順守してくれるだろうが、クラウドシステムのレイテンシにまつわる問題が検出されるまでに数秒の遅延が発生する可能性もある。Millecam氏は、アプリケーションに1〜2秒の遅延が頻繁に発生すると問題が起こるというのであれば、クラウドは避けるべき選択肢なのかもしれないと述べている。

 Datapriseのソリューションおよび戦略担当バイスプレジデントであるChris Sousa氏によると、特にIaaSやPaaSのアプリケーションの場合、エンドユーザーのエクスペリエンスはクラウド採用における大きな障壁となり得るという。同氏は、考えられる問題として、リモートデスクトップとVPNを挙げるとともに、「この種のエクスペリエンスはクラウド上のアプリケーションにアクセスするために追加される複雑なレイヤによってもたらされる」と述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]