編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「Windows 10 Redstone 4」新プレビュー、「Edge」ブラウザの機能改善など

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-24 13:03

 Microsoftは米国時間11月22日、「Windows 10」(Redstone 4)の「Insider Preview Build 17046」を「Fast Ring」のテスター向けにリリースした。

 最新のビルドは、過去にリリースされたRedstone 4のPC向けテストビルドと同様に、大型の新機能よりも修正が中心となっている。

 機能面では、「Edge」ブラウザで住所や関連するフォームでの情報を保存し、自動入力できるようになった。保存されたアドレスをWindows 10デバイス間で利用できるようになっている。また、「Reading View」で文字間隔を調整できるようになった。

 さらに、「Start」メニューから「Universal Windows Platform(UWP)」アプリの詳細オプションにアクセスできるようになった。設定から複数の階層をクリックしてたどらなくても、StartからUWPアプリを右クリックすればよい。またMicrosoftは、Windows 10での絵文字のサポートの改善にも取り組んでいる。

 このほかにも、「Cortana」が「pick up where you left off」(中断したところから再開)機能で利用するアクティビティ履歴の閲覧と管理ができる機能をはじめ、多数の修正と強化が加わった。Microsoftはまた、一部のサードパーティーのウイルス対策ソフトと「OneDrive Files on Demand」との間の互換性の問題も修正している。さらに詳細なBuild 17046の修正や既知の問題についてはMicrosoftの公式ブログに掲載されている。

 これまでのところ、Microsoftの代表者はRedstone 4の正式名称や、Windows 10の機能アップデートに追加される主要な機能について明らかにしていない。Redstone 4のメインストリームユーザー向けのリリースは、2018年4月頃になるとみられる。

Windows 10

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]