編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ユナイテッドアローズ、組織横断のデータ活用でBI導入--デジタル変革を促進

藤本和彦 (編集部)

2017-11-27 17:20

 アパレルメーカーのユナイテッドアローズは、実店舗とネット通販を連携したオムニチャネルでの顧客体験を向上させるため、新たにビジネスインテリジェンス(BI)ツールを導入した。データ活用を通じて組織全体のデジタル変革も促していく。

 導入したBIツールは「Domo」。マーケティングデータをはじめ、店舗の販売時点情報管理(POS)データ、在庫情報、顧客情報など、さまざまなツールで収集したデータを統合し、商品開発、販売、宣伝の部門を越えてタイムリーにカスタマーエンゲージメントを高めるための施策を検討する。

 カスタマージャーニー全体をリアルタイムに把握し、実店舗(オフライン)とネット(オンライン)上で顧客サービスをつなげるO2O(Online to Offline)施策を強化するほか、より的確かつ短時間に顧客体験を向上することを目指す。

 また、ツールで視覚化されたレポートは、データアナリストではない従業員でも直感的かつ容易に評価指標と成果の把握が可能。これにより、従業員はデータに基づいた目標達成のためのアクションを取れるようになるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]