HPE Discover

AI、マルチクラウド管理、従量課金でハイブリッドIT戦略を進めるHPE - (page 3)

末岡洋子 2017年12月07日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サービスのPoint Nextは「HPE GreenLake」で従量課金を強化

 技術、管理ときて、最後にAndreoli氏が紹介したのが、サービスだ。HPEはITコンサル・サービスのHPE PointNextを立ち上げており、HPE DiscoverではPointNextの最新サービスブランド、「HPE GreenLake」を発表した。

 これまで「Flex Capacity」として提供してきた従量課金モデルを進化させたもので、目的を特化することで成果(アウトカム)を確実にする。シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーとしてHPE PointNextを率いるAna Pinczuk氏は、「さまざまなオプションをITの消費(コンサンプション)ニーズに合わせた次世代のエンタープライズコンサンプションサービス」と位置づけた。

 まずは、ビックデータ(「HPE GreenLake Big Data」)、バックアップ(「HPE GreenLake Backup」)、データベース(「HPE GreenLake Database with EDB Postgres」)、SAP HANA(「HPE GreenLake for SAP HANA」)、エッジコンピューティング(「HPE GreenLake Edge Compute」)をそろえた。初期投資は不要、設計、実装、管理運用などもHPEが行うため、すぐに成果を得られる。「パブリッククラウドとの統合、データやアプリケーションの再構築は一切不要。顧客の環境で顧客がコントロールできる。アウトカムをさらに加速できる」とPinczuk氏は述べた。

 最後にAndreoli氏は、「2年前、HPEはエンタープライズがハイブリッドになると最初に予想した。ハイブリッド環境において”適切なミックス(ライトミックス)”は、企業、アプリケーションにより異なる。ハイブリッドITをシンプルにすることで、成果を得られる」と述べている。


HPE Point Nextを率いるAna Pinczuk氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算