編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
HPE Discover

AI、マルチクラウド管理、従量課金でハイブリッドIT戦略を進めるHPE - (page 3)

末岡洋子

2017-12-07 07:30

サービスのPoint Nextは「HPE GreenLake」で従量課金を強化

 技術、管理ときて、最後にAndreoli氏が紹介したのが、サービスだ。HPEはITコンサル・サービスのHPE PointNextを立ち上げており、HPE DiscoverではPointNextの最新サービスブランド、「HPE GreenLake」を発表した。

 これまで「Flex Capacity」として提供してきた従量課金モデルを進化させたもので、目的を特化することで成果(アウトカム)を確実にする。シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーとしてHPE PointNextを率いるAna Pinczuk氏は、「さまざまなオプションをITの消費(コンサンプション)ニーズに合わせた次世代のエンタープライズコンサンプションサービス」と位置づけた。

 まずは、ビックデータ(「HPE GreenLake Big Data」)、バックアップ(「HPE GreenLake Backup」)、データベース(「HPE GreenLake Database with EDB Postgres」)、SAP HANA(「HPE GreenLake for SAP HANA」)、エッジコンピューティング(「HPE GreenLake Edge Compute」)をそろえた。初期投資は不要、設計、実装、管理運用などもHPEが行うため、すぐに成果を得られる。「パブリッククラウドとの統合、データやアプリケーションの再構築は一切不要。顧客の環境で顧客がコントロールできる。アウトカムをさらに加速できる」とPinczuk氏は述べた。

 最後にAndreoli氏は、「2年前、HPEはエンタープライズがハイブリッドになると最初に予想した。ハイブリッド環境において”適切なミックス(ライトミックス)”は、企業、アプリケーションにより異なる。ハイブリッドITをシンプルにすることで、成果を得られる」と述べている。


HPE Point Nextを率いるAna Pinczuk氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]