富士通、「ロボットAIプラットフォーム」を提供開始

NO BUDGET 2017年12月15日 07時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は12月12日、「ロボットAIプラットフォーム」を開発し、各種サービスを順次提供していくと発表した。販売目標は、2020年度に関連ソリューションを含めて300億円としている。

 第一弾として、ユニロボット社のコミュニケーションロボット「unibo」と連携したサービスを提供する。同サービスは、導入検討に向け1年間実証利用できるサービス「ロボットAIプラットフォーム 実証パック for unibo」としてuniboとセットで販売される。今後、本格的な導入用途に最適化し、ユーザーの既存システムとも連動可能な「ロボットAIプラットフォーム 基本サービス for unibo」を提供する。

 ロボットAIプラットフォームは、コミュニケーションロボットをはじめとするさまざまなデバイスと接続でき、デバイスと人が自然なコミュニケーションをとれるようにするもの。


「ロボットAIプラットフォーム」の概要

 対話の機能では、富士通研究所が開発したサービスロボット基盤技術により、ロボット側から積極的に話しかけ、そこで獲得した人の嗜好や状態の情報を基に文脈に応じた話題を提供する。また、イナゴ社が開発した、人の対話意図を絞り込む目的志向の対話機能を利用できる。これらの二つの対話方式を、利用シーンによって自動的に使い分け、さまざまなパターンに応じた対話を実現する。

 またsMedio社と共同開発したわずかな表情変化でも喜怒哀楽を判別可能な表情認識技術と、Empath社の開発した音声感情分析技術を統合した。顔認識技術により、顔の一部が隠れた状態でも個人を識別できる。

 富士通では、長年のロボット研究開発により培った知見・ノウハウを活用コンサルティングとして体系化している。今回のサービス提供に合わせて、この体系を生かし、導入計画策定や活用アイデアの創出、アイデア検証、有効性評価のサポートを行う。

 製品体系、販売価格および提供開始時期は下記の通り。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算