編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
松岡功の一言もの申す

2021年度に異変? 国内クラウド市場はこれからどうなるか

松岡功

2018-01-11 09:58

 国内のクラウド市場はこれからどうなっていくのか。MM総研が先頃発表した調査結果をもとに考察してみたい。

国内クラウド市場規模は2021年度に3兆5713億円へ

 MM総研が先頃、国内クラウドサービス市場規模の2016年度(2016年4月〜2017年3月)の実績と2021年度までの予測、および需要動向に関する調査結果を発表した。この調査は、クラウドサービスを導入済み、または検討中の法人計1360社を対象に、2017年12月にMM総研が実施したアンケートをもとにまとめたものだ。

 それによると、2016年度の国内クラウドサービス市場規模は前年度比38.5%増の1兆4003億円と大きく成長。クラウドの持つコストやスピードにおけるメリットを背景に、社内の既存システムのクラウド移行が今後も進み、2021年度までの年平均成長率は20.6%で推移し、同年度には2016年度比2.6倍の3兆5713億円に成長すると予測している(図1)。


図1:国内クラウド市場規模の推移(出典:MM総研の資料)

 パブリッククラウド(SaaS/FaaS/PaaS/IaaS)の市場規模は、2016年度が前年度比40.9%増の3883億円。2021年度までの年平均成長率は22.1%で、2021年度には2016年度比2.7倍の1兆556億円に達すると予測。また、特定の機能や関数をHTTPやモバイルアプリなどで呼び出し、その実行環境をサーバレスで利用できるサービス「FaaS(Function as a Service)」の導入が2016年度から増加し、同年度の実績は76億円になったとしている。

 一方、プライベートクラウド(デディケイテッド/オンプレミス/コミュニティー)の市場規模は、2016年度が前年度比37.7%増の1兆121億円。2021年度までの年平均成長率は20.0%で推移し、クラウドサービス事業者が保持するIT資産の一部を特定の企業が専有するデディケイテッドプライベートクラウドの拡大により、2021年度には2016年度比2.5倍の2兆5157億円になると予測している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]