編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本MSと東京海上、テレワーク中の損害を補償--情報漏えいなどの対応費用が対象

藤本和彦 (編集部)

2018-01-22 16:38

 日本マイクロソフトと東京海上日動火災保険は1月22日、働き方改革の推進で協業すると発表した。その第1弾として、テレワーク中の各種リスクに対応する「テレワーク保険」を共同開発し、2月1日から提供を開始する。モバイルPCにダウンロードした情報漏えいやモバイルPCに対する不正アクセスといったリスクをカバーする。

 テレワーク保険(正式名称:特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険)は、会社から貸与されるモバイルPCの利用時に発生する各種損害を補償する。具体的には、モバイルPCのウイルス感染時の調査費用や、PCを紛失して情報漏えいした際の損害賠償金・各種対応費用などが対象となる。

 Windows 10を搭載するPCに商品付帯する方式で販売される。対象端末を購入すると自動的に補償が付帯され、保険会社との契約手続きは不要。保険が付帯されたモバイルPCは、順次PCメーカーやディストリビューターなどから展開される予定となっている。

 東京海上日動は、企業向けサービス「Microsoft 365」をグループ内4万3000人に導入することを決定し、順次展開している。また、働き方の改革の一環として、2017年10月にテレワークの対象を全社員に拡大している。テレワーク保険の商品化は、自社にテレワークを導入した経験を生かした形となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]