編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Microsoft 365」が登場--「Office 365」と「Windows 10」をセットに

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-11 10:09


 今から1年前、Microsoftは同社のクラウドサービス群を組み合わせた「Secure Productive Enterprise」を発表した。米国時間7月10日、Microsoftはその後継のバンドルを披露した。名称は、より覚えやすい「Microsoft 365」に変更された。

 Microsoftは「Microsoft Inspire」カンファレンスの初日にMicrosoft 365を披露した。Microsoft 365は「Enterprise」と「Business」の2つに大別される。

 「Microsoft 365 Enterprise E3」と「Microsoft 365 Enterprise E5」は、「Windows 10 Enterprise」「Office 365 Enterprise」「Enterprise Mobility + Security」をバンドルしたものだ。顧客はEnterprise Agreement(EA)やMicrosoftのクラウドソリューションプロバイダー(CSP)を通してMicrosoft 365 Enterpriseを購入できるようになる。

 Microsoft 365 Businessには、「Office 365 Business Premium」のほか、Officeアプリ群と「Windows 10」端末向けのセキュリティおよび管理機能も含まれる。ユーザーはこれらの機能に単一のコンソールからアクセスできる。Windows 10へのアップグレード権も含まれている。顧客はMicrosoft 365 BusinessをMicrosoftから直接購入、またはCSPを通して購入することができる。

 Microsoft 365 Enterpriseは米国時間8月1日に発売される。Microsoft 365 Businessは8月2日よりパブリックプレビュー版の提供が開始される予定だ。

 Microsoft 365 Enterpriseの価格はプランなどさまざまな要因によって異なるため、詳細を知りたい場合はアカウントマネージャーに連絡するよう推奨している。参考までに、パートナー各社はMicrosoftの「Secure Productive Enterprise E3」をユーザー1人当たり月額約36ドル、「Secure Productive Enterprise E5」をユーザー1人当たり月額約54ドルで販売している。

 Microsoftは、Microsoft 365 Businessをユーザー1人当たり月額約20ドルで提供する予定だとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]