編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

介護保険業務の効率化に富士通のAI技術--東京都北区

NO BUDGET

2018-02-18 07:30

 富士通と富士通北陸システムズは2月13日、東京都北区と共同で、富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」を活用し、北区が行っている介護保険業務の効率化を検証する実証実験を2018年1月から3月まで実施すると発表した。

 北区では従来、介護サービス事業者からの支給に伴う請求内容の分析業務や指導業務を、職員が人手で行っていた。近年、要介護認定者や介護施設の増加により、担当職員の業務負担の増加が課題となっていたという。

 北区はこの課題を解決するため、富士通と富士通北陸システムズと共同で「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」を介護保険業務の分析に活用する。具体的には、介護保険システムに蓄積されている介護サービス事業者からの過去の適正な介護給付費請求データと指導監督が必要となった請求データとを機械学習させることで、請求データの適正性を自動的に分析できるモデルを構築するという。

 さらに、構築したモデルを用いて介護給付費請求データの適正性を分析し、その分析結果と過去の指導監督記録とを照合することで有効性の検証を行う。


実証実験の概要

 今回の実証実験で得られる知見を生かし、北区は介護給付費支給業務の効率化を図ると同時に、介護サービス事業者が住民に提供するサービスのさらなる充実を目指すという。また富士通は、実証実験で構築した学習モデルをサービス化し、全国の自治体の社会保障給付の適正化に貢献することを目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]