OBC、「奉行クラウド」を開始--提供基盤にMicrosoft Azureを採用

NO BUDGET

2018-02-19 06:00

 オービックビジネスコンサルタント(OBC)は2月16日、「奉行シリーズ」を次世代統合業務プラットフォームに進化させた「奉行クラウド」を23日から提供すると発表した。サービス提供基盤にMicrosoft Azureを採用する。

 同サービスはバックオフィス業務のSaaSとして、まず会計システムの「勘定奉行クラウド」、給与計算システムの「給与奉行クラウド」から開始される。クラウドプラットフォームとしてMicrosoft Azureを採用し、OBCでは国内数十万社の「奉行シリーズ」のユーザーが、将来にわたり快適に利用できるよう、日本マイクロソフトの技術支援のもとで開発したと説明する。

 Microsoft AzureについてOBCは、国内2拠点にある堅牢性を備えたデータセンターからサービスが提供されることで、災害対策環境が整備されていることや、最高レベルの国際標準が設定されたセキュリティ、PaaSによる運用管理コストの削減機能などを評価した。

 「奉行クラウド」では、SQL DatabaseなどのPaaS機能をフル活用し、開発および運用管理コストの削減だけでなく、アプリケーション稼働状況の監視・分析機能(Azure Application Insights)による可用性の向上、Azureの認証基盤(Azure Active Directory)による Office 365との統合認証などを実現している。また、API管理基盤(Azure API Management)による各種外部サービスとの接続や保護なども可能となった。

 各サービスの利用価格は下図の通り。


 

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]