編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Dell EMC、クラウド/オンプレミス対応のビッグデータ活用基盤を発売

NO BUDGET

2018-03-13 11:40

 デルとEMCジャパンは3月12日、パブリッククラウドでもオンプレミスでもビッグデータ活用を柔軟にサポートするという基盤製品「Dell EMC Elastic Data Platform」の提供を発表した。

 同製品は、Dell EMCの最新の第14世代「PowerEdge」サーバ、オープンネットワーキング製品、「Isilon」スケールアウトNASにBlueDataのミドルウェア「BlueData EPIC」を搭載して提供する。

 BlueData EPICは、コンテナ技術を採用しているため、パブリッククラウド/オンプレミス環境を意識することなく、各種Hadoopディストリビューションやさまざまなビッグデータアプリケーションを簡単に、迅速かつコスト効率良く導入できるという。


システム概要

 これによりで、マルチテナント/セルフサービスのコンテナ環境を容易に構築・運用できるとする。データ活用関連インフラシステムやアプリケーション類を一元管理化して、TCOを最大75%削減し、クラウドライクなインターフェースで一括した運用管理が行え、運用負荷の削減も図れる。さらにデータ分析・活用基盤をDevOps環境化することができ、部門間のビジネス協調、社内プロセスの改善ができるという。


導入後のメリット例

 Dell EMCは、同製品を都内のカスタマー ソリューションセンター内で運用し、ベータ版としてユーザーとパートナー向けの機能、構成、パフォーマンス検証を実施する。また、システム改善とビッグデータに関する課題解決を支援するビジネス コンサルティングサービスも開始している。

 参考価格は4700万円(税別)からで、同価格の構成はコントローラノード1台(第14世代「Dell EMC PowerEdge」R740XDサーバ)、ワーカーノード4台(第14世代「Dell EMC PowerEdge」R740XDサーバ)、運用管理ネットワーク機器2台(Dell EMC Networking S3148-ON)、データ管理ネットワーク機器2台(Dell EMC Networking S4148F-ON)、BlueDataライセンス140Coreとなる。

 受注は3月上旬に開始し、4月1日からの提供を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]