編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

SFDC、「IoT Explorer」を国内提供--ローコード開発でCRMとデータ連携

NO BUDGET

2018-03-19 12:10

 セールスフォース・ドットコムは3月15日、モノのインターネット(IoT)のデータと、顧客関係管理(CRM)基盤の「Salesforce CRM」を連携する「Salesforce IoT Explorer」を国内で本格的に提供開始することを発表した。利用価格は月額72万円から。

 今日、多くの企業が顧客体験の向上と業務効率化に向けてIoT活用を促進しているが、IoTデバイスから集めた大量のデータを業務プロセスやサービスに生かすには、コーディングの手間をはじめとするコストや時間がかかり、課題となっていた。

 IoT Explorerは、こうしたIoTデータを業務プロセスに必要な情報に変えるプロジェクトに要する時間・人材・コストを削減するもの。IoTデータとSalesforce CRMを連携させることで、能動的な営業やサービス、マーケティングを展開できるようになるという。

 IoT Explorerには、コーディングをあまり必要としないローコードによるオーケストレーションや、同社ツールとの連携によるリアルタイムな顧客コンテキストの提供、コネクテッドデバイスを通じて取得する顧客データの活用による顧客エンゲージメントの強化、といった機能が含まれる。

 また、同社では、企業のIoT活用を支援するに当たり、パートナー企業によるIoTシステム構築を推進する「Salesforce IoTアクセラレータプログラム」を開始する。このプログラムでは、同社ツールを活用したIoTシステム構築で実績のあるパートナー企業の強みを生かし、製造やサービス、小売といった業界に特化した業務プロセスをテンプレートとして開発し、順次提供していくという。

 第一弾として、コネクシオ、タンバリン、テラスカイ、フレクト、ポテンシャルユナイテッドの5社のパートナー企業が参画する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]