編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

NTTデータ、国内最大級の最新鋭データセンターを三鷹市に竣工

NO BUDGET

2018-03-27 10:40

 NTTデータは3月20日、東京都三鷹市に新たなデータセンター「三鷹データセンターEAST(以下、三鷹EAST)」を竣工し、4月1日よりサービスを開始すると発表した。

 三鷹EASTは既に開設している三鷹データセンターの隣地にあり、終局延床面積約3万8000平方メートルを有し、免震構造や72時間連続運転可能な非常用発電機などの設備によりディザスタリカバリ・BCPへの対応力を強化した、最新鋭スペックのデータセンターになる。今回の三鷹EASTの増設分を含めると三鷹データセンターは延床面積約9万平方メートルとなり、国内最大級のデータセンターになる。


 三鷹EASTは、最大でサーバラックを5600ラック収容する大規模データセンター専用建物で、ラック当たり最大20kVAの電力高負荷にも対応する。今回のデータセンターの建設地である東京都三鷹市は、東京都心より約17kmの好立地に加え、水害、地震などの災害リスクが少ない地域に位置しているという。

 さらに三鷹EASTは、NTTデータとしては初となる自然エネルギー(春・秋・冬季の外気)を活用した外気冷却方式を採用。全国でもトップクラスの電力使用効率1.3以下(年間平均・設計値)を目指している。また、IoTなど大量のデータが生み出されるデジタル時代にむけて、エッジとのデータのやり取りが容易となるネットワーク接続性に優れたデータセンターを実現するとしている。

 NTTデータでは、三鷹EASTにおけるサービスとして、NTTグループと連携したクラウドサービスの展開などを検討している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]