編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「Hinemos」の最新版公開--障害予測や自動化の機能を大幅拡充

ZDNet Japan Staff

2018-02-07 17:31

 NTTデータ先端技術は2月7日、オープンソースソフトウェア(OSS)統合運用管理ソフトウェア製品の最新版「Hinemos Ver.6.1」のオープンソース版をGitHubで公開した。「攻めの運用」の実現に向けたリアルタイムなシステム状況の把握や予防保全、自律型運用のための機能を拡充している。

 最新版では、各種メッセージや性能値に加えて、パケットキャプチャやバイナリログなどのデータの収集および蓄積を可能にした。これらのデータはHinemosエージェントで行い、収集データに決められたログフォーマットの形でタグ付けすることで、タグを利用した統計情報を監視できるようになる。

 また各種データから傾向や複数の値による相関性などを監視することで、瞬間の単一の性能値だけでは検出が難しいサイレント障害の監視を容易にした。傾向の自動分析から異常値を検知してアラートを出す「将来予測監視」、収集したデータ値の短時間での急変をアラートする「変化量監視」、2つの性能値の相関性が崩れた時点でアラートする「相関係数監視」、複数条件で正常や異常を判断する「収集値統合監視」の機能を提供する。

 この他に運用の自動化に向けた機能の強化として、実行中のジョブ同士のイベント連携、ジョブに付与した実行優先度による後続ジョブの実行制御などを行えるようにした。

 同社では4月に、インシデント管理製品連携やクラウド対応、可用性構成などを含めたエンタープライズシステム向けとなるHinemos ver.6.1のサブスクリプションを発売する予定。


Hinemos 6.1のコンセプトイメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]