編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CTC、「脅威・脆弱性マネジメントサービス」を開始

NO BUDGET

2018-03-27 09:23

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月26日、サイバー攻撃でのセキュリティインシデント発生の未然防止や、被害の最小化を支援する「脅威・脆弱性マネジメントサービス」を開始した。

 このサービスは、サイバー攻撃への事前対応に取り組む企業・組織に向けし、脅威情報・脆弱性情報の収集から、分析および具体的な対策の立案までをワンストップで提供するもの。


提供イメージ

 CTCは、独自の脅威データベース「Threat Intelligence Lab(TIL)」に蓄積される新たな脅威を分析しており、同サービスでもTILの情報から専門のセキュリティエンジニアが必要な情報を選別、ユーザーの環境に特化して影響を及ぼす可能性のある情報を詳細に分析し、その結果を対策とともにレポートする。

 同社では、既に提供しているセキュリティ監視・運用サービスなどと同サービスを組み合わせることで、より堅牢なシステム運用が可能になるとしている。

 利用価格は月額80万円から。企業や公共機関などにサービス展開し、3年間で30社への提供を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]