編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

DNP、デジタルサイネージ配信管理システムの新版--4KコンテンツとHTML5に対応

藤本和彦 (編集部)

2018-04-10 07:30

 大日本印刷は4月9日、デジタルサイネージ(電子看板)配信管理システム「SmartSignage」の新版を発表した。4KコンテンツやHTML5などのデータに対応し、コンテンツの即時配信や一元管理が可能になった。

 新版ではシステムが一新された。表示するコンテンツ管理やスケジュールの作成、サイネージ機器の管理を行う「Web管理画面」と、機器がネットワーク経由で受信したコンテンツを表示する「プレーヤー」で構成される。プレーヤーはブラウザベースのため、動画や静止画だけでなく、4KコンテンツやHTML5などのデータにも対応する。

SmartSignageの概要
SmartSignageの概要(出典:DNP)

 従来は一定時間ごとにデータを送受信するコンテンツ配信方式を取っていたが、新システムでは「WebSocket」による双方向通信の仕組みを用いているため、コンテンツの変更を即時反映させることができる。リアルタイム配信も可能になる。

 アカウントごとに操作権限を設定でき、担当以外のコンテンツを誤って配信してしまうなどの誤操作を防ぐことができる。DNPは、コンテンツ制作や運用などの関連事業も含め、デジタルサイネージ事業で2019年度に25億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]