編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ランサムウェア「GandCrab」、Flashの脆弱性で拡散開始か

ZDNet Japan Staff

2018-04-10 10:57

 新種ランサムウェアの「GandCrab」が、2月に発覚したFlash Playerの脆弱性を悪用する新たな感染活動を開始したもようだと、複数のセキュリティ研究者が4月10日までに報告した。

 GandCrabは、1月にその存在が発見され、発見者のセキュリティ企業Malwarebytesによれば、エクスプロイトキットの「RIG EK」や「GrandSoft EK」で配布される。感染活動では、Internet Explorer(IE)やFlash Playerの脆弱性を突き、JavaScriptやFlash、VBscriptをベースにした攻撃を仕掛けるとされる。

 セキュリティ研究者らによると、今回の攻撃では2月にAdobeが修正したFlash Playerの脆弱性「CVE-2018-4878」を悪用してRIG EK経由で拡散していると見られる。エクスプロイトを研究しているという「Zerophage」氏のブログによれば、パッチを完全に適用した64ビットのWindows 7およびIE 11、Flash Player 28.0.0.126の環境において、複数のJavaScript経由で最終的にGandCrabがダウンロードされることが確認されたとしている。

 GandCrabは、感染先のコンピュータのファイルを暗号化して、「.GDCB」という拡張子のファイルにすることで“人質”に取り、暗号通貨で身代金の支払いを要求する。また、Adobeが修正したFlash Playerの脆弱性は、韓国の組織などに対する標的型攻撃でも悪用された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]