編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

「Windows Server 2019」新テストビルド、クラスタリング機能など強化

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-04-25 10:03

 Microsoftは米国時間4月24日、「Windows Server 2019」の新たなテストビルド(「Build 17650」)を「Windows Insider Program」の「Fast Ring」テスター向けに公開した。

 この最新ビルドは「Windows Server 2019」と、Windows Serverの次期「Semi-Annual」チャネルリリース(「1809」)に対するものとなっている。

 このビルドには複数の新機能が搭載されている。まず、フェイルオーバークラスタリング機能向けの「Witness」(監視)オプションの1つ「File Share Witness」に新たな拡張が2つ実装されている。この拡張により、ロケーションとしての「Distributed File System」シェアの使用をブロックし、安定性の問題を避けられるようになる。もう1つの拡張により、インターネットアクセスがない、あるいは貧弱である場合や、ディスク監視用の共有ドライブが存在しない場合といった、以前はサポートされていなかった一部のシナリオでのFile Share Witnessの使用が可能になる。

 今回のビルドでは、ドメイン間でクラスタを移動させる際の作業を支援するために、2つの新たな「PowerShell」コマンドレットも追加されている。

 Microsoftによると、近々リリース予定の「Storage Replica Standard Edition」では、ボリューム関連でサイズやパートナーシップ、サポートされるボリュームの数などのいくつかの制約があるという。またこういった制約は、テスターからのフィードバックに基づき、プレビュー期間中やRTMの段階で変更される可能性があるという。

Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]