編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

業務改革の一環として、RPAのパイロット導入プロジェクトを実施--加賀市

NO BUDGET

2018-05-03 07:00

 KPMGコンサルティングは4月24日、石川県加賀市が業務改革の一環として取り組む、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の本格導入計画に先立ち、効果を検証するためのRPAパイロット導入プロジェクトを支援したことを発表した。

 加賀市では、人口の減少や少子高齢化が進む中、高度かつ多様化する市民ニーズに対し、限られた財源や人員による安定した行政サービスの提供を目指し、平成19年度に開始された5ヵ年計画「第1次加賀市行政改革大網」、「第2次加賀市行政改革大網」に続き、平成29年度から新たな5ヵ年計画「第3次加賀市行政改革大網」を推進しており、行政サービスの品質向上および業務効率化を目指した取り組みの一つとしてRPAの導入を検討している。

 KPMGコンサルティングはこの計画に基づきRPAのパイロット導入を支援しており、今年2月から3月までの期間、「パイロット版RPAの開発」「RPAの適合性・効果検証」「実行計画の策定」を実施した。このプロジェクトではRPAツールの「UiPath」を活用し、加賀市役所総務課および財政課の業務の中から、「時間外勤務集計業務」「契約管理システムと電子入札システムの相互連絡事務」「財産貸付・使用許可事務」の3つの業務に対して、RPAをパイロット導入し効果検証を行った結果、使用される書類フォーマットの統一や紙情報の電子化などの業務改善を含め、最大約74%の工数削減効果が見込めることを確認した。


「加賀市の業務に対するRPAのパイロット導入のイメージ」

 市役所における業務は紙媒体の情報をシステムに入力する業務が多いため、RPAの活用により職員の作業負担を軽減する定性的な効果に加え、入力時の人的ミスの削減や担当者の異動に伴う業務引継ぎ作業などの業務品質の向上が期待されている。

 加賀市では今回の検証結果を踏まえ、今後の行政サービスの品質向上と業務効率化に向け、今年4月より今回パイロット導入を実施した業務以外を対象にとしたRPAの本格導入を計画しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]