編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
Microsoft Build

「HoloLens」で3Dレイアウト設計、見たものを共有するビデオ会議も--MSの新アプリ

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-05-08 08:23

 Microsoftは米国時間5月7日、複合現実(MR)ヘッドセット「HoloLens」向けの新しいアプリをBuild 2018で発表した。HololensやVRはBuild 2018の主要テーマではないが、新しく発表された2つのアプリは、産業やビジネスの環境におけるARとVRの可能性を示している。


提供:Microsoft

 「Microsoft Layout」は、職場のレイアウトを3Dで設計するためのプログラムだ。デスクトップインターフェースを使用するか、あるいはMRヘッドセットの中で、家具や備品を追加することができる。できるだけ現実に近い環境で試す準備ができたら、HoloLensを装着することにより、実際に配置する予定の空間で、設計したレイアウトを確認することができる。

 HoloLensを利用する場合、物体の移動や回転のほか、実在の備品と仮想的な備品の間のスペースを測定することも可能だ。

 2つ目の新しいプログラム「Remote Assist」は、ARのビデオ会議を可能にするものだ。例えば、別のオフィスにいる同僚とつないで、自分の視点からのPOV映像を配信することができる。発信者が矢印を描いたり重要な項目に丸をつけたりしてライブ画像に注釈を入れると、参加者全員がそれを見ることができる。

 Microsoft LayoutとRemote Assistは、5月22日から期間限定で無料でプレビュー公開される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]