編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
海外コメンタリー

レッドハットが買収したCoreOSの今後の行方

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-15 06:30

 サンフランシスコで米国時間5月7日より開催された「Red Hat Summit」における最大の関心事の1つは、「Red Hatは、最近買収したCoreOSをどうするのか?」だったが、それが明らかになった。Red HatのLinux Containers担当製品マネージャーであるBen Breard氏と、CoreOSの最高技術責任者(CTO)であるBrandon Philips氏がプレゼンテーションを行い 、Red HatによるCoreOS買収後のCoreOS製品の針路について説明した。

 Red Hatは、同社のコンテナおよび「Kubernetes」ベースのソフトウェアポートフォリオに、CoreOSのKubernetesディストリビューション「Tectonic」、コンテナレジストリ「Quay」、クラスタ向け軽量Linuxの「Container Linux」を統合する。しかし、CoreOSの人気のある技術が1つ対象外となる。それは、同社独自のコンテナエンジン「rkt」だ。rktは今後、コミュニティーサポート型のコンテナ技術という扱いになる。

 Container Linuxと、軽量のコンテナ化されたオペレーティングシステム「Atomic Host」を中心に構成されている「Project Atomic」は、「Red Hat CoreOS」に統合される。「Red Hat CoreOSは、両者の最も優れた特徴を継承する」と、Breard氏は述べている。無料の高速な自動化されたコンテナホストというContainer Linuxのビジョンも引き継がれる。最終的にRed Hat CoreOSは、Red Hatのイミュータブルなコンテナ中心のオペレーティングシステムとして機能し、Atomic HostとContainer Linuxに取って代わることになるという。

 CoreOSは、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」のFedoraのように、アップストリームのコミュニティー版を提供するが、まだ取り組みを進めている最中だ。Project Atomicサイトは段階的に縮小し、突然閉鎖するようなことはないという。コード自体は、Red Hatのコンテナコードリポジトリに格納される。

 Red Hat CoreOSは、「Red Hat OpenShift Container Platform(RHOCP)」「Red Hat OpenShift Online」「Red Hat OpenShift Dedicated」の新しい基盤を提供することになる。またRHOCPは、Kubernetesの導入において従来のライフサイクルとパッケージングを好む顧客のために、引き続きRHELをサポートする。

 CoreOSのリリース頻度はOpenShiftのリリースと連携させ、お互いに足並みを揃える。クラウド環境と仮想環境をターゲットにする。ゆくゆくはベアメタルサービスとして出荷する意向だが、まだ当分先の話になる。

 当面はContainer Linuxも、Linuxディストロとして継続する。

 Red HatはTectonicの多くの機能をRHOCPに追加する。特筆すべきは、自動化されたOTAアップデートを介して大規模なKubernetesクラスタを管理するTectonicの機能が含まれる点だ。この機能により、システム管理者とITマネージャーは自動プロセスを通じて、Tectonicクラスタ全体と、それを支えるContainer Linuxのホストを容易にアップグレードできるようになる。Red Hatはこの機能を「自動オペレーション(automated operations)」と表現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]