編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

Dell EMC、Splunkに最適化したマシンデータ分析製品を発売

NO BUDGET

2018-05-15 09:09

 Dell EMCは5月14日、マシンデータ分析ソリューション「Dell EMC Ready Solutions for Splunk」を5月下旬から提供すると発表した。マシンデータ分析ツール Splunkに最適化された検証済みの構成「Ready Bundle for Splunk」および「Ready Systems for Splunk」として提供される。


製品構成

 Splunkを用いると、インフラストラクチャ、セキュリティソリューションおよびビジネスアプリケーションによって生成された未使用のマシンデータの収集、分析、および分析結果に基づく施策を簡単に実施できるようになる。そのため、組織は課題解決までの平均時間を最大90%短縮し、運用パフォーマンスと業務実績を向上させることが可能になる。

 「Dell EMC Ready Solutions」は、マシンデータの統合、簡素化、保護を支援する。大量で高速かつ多種多様なデータセットを処理するように設計されており、Splunkの監視、解析、マシン学習機能の知見を活用することができる。

 小規模から中規模向けのハイパーコンバージド型のアプライアンス「Dell EMC VxRail」と、1つのラックで複数のワークロードを実行できる中規模から大規模向けアプライアンス「Dell EMCVxRack FLEX」をそれぞれSplunkと組み合わせることで、2種類のターンキーソリューションとして利用できる。

 Dell EMC Ready Bundle for Splunkは、Splunkに最適化された検証済みのシステム構成をベースに、シングルノード構成から複数ノード構成まで、柔軟にカスタマイズが可能。また、非構造化データの管理にストレージ製品「Dell EMC Isilon」を選択することで、大幅な拡張ニーズにも対応できるようになる。

 ハードウェアの最小構成の標準価格(税別、Splunkのライセンスおよびシステム導入は別途見積り)は、Dell EMC Ready Bundle for Splunkが320万円から、Dell EMC Ready System for Splunk on VxRailが240万円から(既存VxRailクラスタに追加する場合の最小構成)となる。なお、Dell EMC Ready System for Splunk on VxRack FLEXは個別見積りとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]