編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
de:code

業務利用がさらに進むMicrosoftのHoloLens--de:codeで披露

國谷武史 (編集部)

2018-05-22 12:30

 日本マイクロソフトは5月22日から2日間、都内で開発者/技術者向けのイベント「de:code 2018」を開催している。会場では「複合現実(Mixed Reality:MR)」技術のアプリケーションとMicrosoft HoloLensを用いたソリューションが多数登場。中でもビジネス用途では、建設などの現場業務の効率化から新たな会議スタイルの実現まで、パートナー各社による最新の取り組みがデモンストレーションを交えて紹介されている。本稿では、その模様をレポートする。

東京電力ホールディングスとポケット・クエリーズの共同検証プロジェクトによる「QuantuMR」。MR技術で発電所や工場などの現場業務の効率化を目指す取り組みとなる。ブースでは、機器の異常状態と正常状態を音で識別し、その違いをHoloLensのディスプレイにグラフィカルに表示する

東京電力ホールディングスとポケット・クエリーズの共同検証プロジェクトによる「QuantuMR」。MR技術で発電所や工場などの現場業務の効率化を目指す取り組みとなる。ブースでは、機器の異常状態と正常状態を音で識別し、その違いをHoloLensのディスプレイにグラフィカルに表示する

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]