編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ベリタス、Office 365環境に最適化したSaaS型データ保護を提供開始

NO BUDGET

2018-06-05 09:26

 ベリタステクノロジーズは、Microsoft Office 365環境のデータ保護と情報ガバナンスの新しいソリューション「Veritas Data Protection and Governance for Microsoft Office 365」を発表した。

 同ソリューションは、「Veritas SaaS Backup」「Veritas Information Map」「Veritas Enterprise Vault.cloud」といった製品および機能で構成されるSaaS型のサービス。Office 365のデータを必要な時に必要な場所で分析する機能、電子情報開示(eDiscovery)、リカバリの機能を提供する。また、Microsoft Exchange Online、OneDrive、SharePoint Online、Skype for Business、Microsoft Teams、Yammerを含むOffice 365エコシステムを一元的に管理できる。

 Veritas SaaS Backupは、Office 365のあらゆるデータのバックアップ、検索、リストア機能を1つのユーザーインターフェースにまとめた統合データ保護ソリューション。3ステップの簡単な設定の手順を行うだけで、いつでも、どこでも、どのデバイスからでもOffice 365データにすばやくアクセスできるようになる。また、直接ダウンロード、インプレースリストア、アカウント全体の復元、アカウントデータの移行など、複数のリストアオプションを利用できる。

 Veritas Enterprise Vault.cloudは、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)やGDPR(一般データ保護規則)などの厳しい法規制要件に対応するソリューション。Exchange Online、OneDrive、Skype for Business、Yammerをサポートし、あらゆるコンテンツの改ざんを防止するリポジトリを提供する。また、インタラクティブ検索などの高度なeDiscovery機能により、文書レビュープロセスを効率化することもできる。

 Veritas Information Mapは、Office 365エコシステムで保存される非構造化データをリアルタイムに表示するソフトウェア。SharePointやOneDriveに保存されたデータを詳しく理解することで、各データを保持、移行、削除すべきかどうかを、より適切に判断し、情報リスクを軽減できる。また、ファイル拡張子に関する情報を収集して、ランサムウェア攻撃や不審なファイルの迅速な検出に役立てることもできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]