編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マイクロソフト、SAPとAzureの連携で前進--SAP Cloud Platform on AzureのGA発表など

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-06 11:09

 MicrosoftとSAPが連携を進め、「Azure」でさらなるSAPのサービスを利用できるようにしようとしている。

 Microsoftは米国時間6月5日、その進展についてブログで説明しており、その中で「Microsoft Azure」上で稼働する「SAP Cloud Platform」の一般提供を開始したと発表した

 ブログには、「開発者は、西ヨーロッパ(West Europe)リージョンのAzure上で『Cloud Foundry』をベースとするSAP Cloud Platformを配備できるようになった。当社はSAPと協力し、今後より多くのリージョンにこのサービスを展開していく」と記されている。

 またMicrosoftによると、「SAP HANA」に最適化された最大規模の仮想マシン(VM)がAzure上で「近々」利用可能になるという。AzureのMシリーズ仮想マシン(「Intel Xeon Scalable」(「Skylake」)プロセッサがベースとなっている)は、最大12テラバイトまでの大規模メモリをサポートするようになるという。

 SAPは5日、2017年に「AzureをIaaSプラットフォームとして活用し始めた」とし、2018年末までにConcur事業部向けの「SAP S/4HANA」を含む、17システムのAzureへの移行を完了させる予定だと述べた。

 さらにMicrosoftは、2017年に社内でSAPのシステムの「S/4HANA」への移行を開始していると述べた。2月の時点で、同社のSAP環境を完全にAzureに移行しており、それ以来S/4HANAの複数のサンドボックス環境が立ち上がっているとMicrosoftの担当者は話した。

クラウド
提供:ZDNet

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]