編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

NEC、重要システム向け新型ストレージなどを発売

ZDNet Japan Staff

2018-06-07 10:10

 NECは6月7日、高信頼性が要求される基幹システムや社会インフラシステム、ビッグデータ解析などの新規システムに対応するストレージ「iStorage M シリーズ」の新製品4機種とストレージの性能状況を把握・分析して改善策を提案するなどの2種類の新サービスを発表した。

 iStorage M シリーズでは、SSD/HDDハイブリッドモデルとしてM12e、M120、M320およびオールフラッシュモデルのM320Fを発売。18日に受注、7月2日に出荷をそれぞれ開始する。

SSD/HDDハイブリッドモデルのM320(出典:NEC)
SSD/HDDハイブリッドモデルのM320(出典:NEC)

 SSD対応モデルのラインナップ強化やSSDの長寿命化、フラッシュメモリ用に特化した性能強化を図ることで、重要なシステムでの利用における可用性と信頼性を向上させた。性能面でも最新CPUを採用し、メモリ搭載容量を最大4倍に増強したり、サーバ/ストレージ間のファイバチャネル接続帯域を16Gbpsから32Gbpsに拡張したりすることで、従来機種比最大4倍に高めている。またSSDに書き込み前のデータを圧縮する機能でバックアップ時や運用系業務データの格納容量を削減し、ストレージコストの節減も可能にした。

 新サービスは、「性能レポートサービス」と「性能傾向分析サービス」の2つ。前者では、ストレージ負荷状況の報告書を作成することで、ユーザーが利用状況を把握しやすくする。後者では、ストレージアクセスにおける問題点の兆候を検出および分析することで、ユーザーに改善策を提案する。

サービス利用イメージ(出典:NEC)
サービス利用イメージ(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]