編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
企業買収

データ視覚化ソフトのTableau、新興AI企業Empirical Systemsを買収

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-06-14 14:04

 データ視覚化ソフトウェアメーカーのTableau Softwareは米国時間6月13日、マサチューセッツ工科大学(MIT)から誕生した新興の人工知能(AI)企業Empirical Systemsを買収すると発表した。買収の金銭的条件は明らかにされていない。

 マサチューセッツ州ケンブリッジに拠点を置くEmpirical Systemsは、エンジニアとデータサイエンティストのチームで構成されている。チームが開発した分析プラットフォームは、構造化データの自動分析を支援する。

 Empirical Systemsの自動統計分析技術は、Tableauのプラットフォームに組み込まれ、Tableauの顧客がデータモデリングや分析を自動化するのを支援するために利用される。Tableauは、Empirical Systemsの地元に研究開発センターを設立することも計画している。

 Tableauの最高製品責任者(CPO)であるFrancois Ajenstat氏は、声明で次のように述べている。「AIを利用した分析を多くの人に提供し、人々がデータに接する方法を当社が強化していくために、Empirical SystemsをTableauに迎えることができて非常にうれしく思う」

 「洞察を自動的に得ることができれば、専門的なデータサイエンス技術を持たない人々も、データの傾向を捉えたり、さらに調査すべき分野を見つけたり、さまざまな仮定を検証したり、仮定の状況をシミュレーションしたりといったことが容易になる」(Ajenstat氏)

 Tableauによる直近の買収は2017年8月で、相手は自然言語処理の新興企業ClearGraphだった。ClearGraphの技術はTableauの製品に統合され、スマートなデータディスカバリとデータ分析を可能にした。

 WorkdayやSalesforceなどのテクノロジベンダーが、それぞれのプラットフォームでシームレスに稼働する独自製品を発表し、Tableauがデータ視覚化分野で競争激化に直面するなか、Empirical Systemsの買収が発表された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]