編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

HTTPSのフィッシングサイトは全体の約3割--パロアルトネットワークス調査

ZDNet Japan Staff

2018-06-21 15:33

 セキュリティ企業のパロアルトネットワークスは6月21日、2018年1~3月期のフィッシング攻撃の状況を分析した結果を発表した。それによると、期間中は262の固有ドメインから4213のURLが攻撃に使われ、このうち約3分の1に当たる1010のURLがHTTPSだった。

 全URLの約半数に当たる2066のURLで、複数の企業や組織を標的にする汎用のフィッシングテンプレートが使用された。それ以外のURLでは、Adobeを標的にしたものが1404件、Google Docを標的にしたものが442件、Dropboxを標的にしたものが155件、Google Driveを標的にしたものが108件、Office 365を標的にしたものが20件、Facebookを標的にしたものが18件などとなっている。

フィッシングサイトの内訳(出典:パロアルトネットワークス)
フィッシングサイトの内訳(出典:パロアルトネットワークス)

 フィッシングサイトをホストしていたのは262のドメインで、地域別では米国の150件を筆頭に、以下はドイツが28、ポーランドが13、不明が13などとなる。

 HTTPSを使った1010のURLは、46件の固有ドメインにホストされ、1ドメイン当たりでは21のURLが提供されていた。同社がドメインの証明書発行者を調査したところ、cPanelから31件、COMODOとLet's Encryptからそれぞれ6件、Go Daddy Secureから1件が発行されていた。残る2件は調査時点で既に使用されていなかったという。

HTTPとHTTPSの状況(出典:パロアルトネットワークス)
HTTPとHTTPSの状況(出典:パロアルトネットワークス)

 同社は、多くのユーザーがHTTPSに高い信頼を寄せており、HTTPSを使用したフィッシングサイトのURLには注意を払う必要があると注意を呼び掛けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]