編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

ARで何が変わる?--来たるべき11のトレンド - 3/11

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-06-30 10:00

医療

 ポーランドのInstitute of Cardiology Warsawの外科医は、手術をしている閉塞した血管の「内側を見る」ために「Google Glass」を使いながら心臓手術を行った。また米ケースウェスタン大学の医学生には、Microsoftの「HoloLens」を使ってデジタル死体解剖を行い、仮想的な組織をはがすプログラムが準備されている。

 医療は、その時得られる情報から、その場で重要な判断を行う必要があるため、ARが導入される可能性が高い分野かもしれない。外科医が、人間が持つ驚くほどの器用さをさらに高めるためにロボットを導入したように、IT業界は、切迫したストレスの高い状況における人間の意思決定能力を強化する、ヘッドアップディスプレイやウェアラブルデバイスの新たな活用法を模索している。

医療

 ポーランドのInstitute of Cardiology Warsawの外科医は、手術をしている閉塞した血管の「内側を見る」ために「Google Glass」を使いながら心臓手術を行った。また米ケースウェスタン大学の医学生には、Microsoftの「HoloLens」を使ってデジタル死体解剖を行い、仮想的な組織をはがすプログラムが準備されている。

 医療は、その時得られる情報から、その場で重要な判断を行う必要があるため、ARが導入される可能性が高い分野かもしれない。外科医が、人間が持つ驚くほどの器用さをさらに高めるためにロボットを導入したように、IT業界は、切迫したストレスの高い状況における人間の意思決定能力を強化する、ヘッドアップディスプレイやウェアラブルデバイスの新たな活用法を模索している。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]