編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

スーパーマーケットチェーンのタイヨー、経営基盤に「Oracle ERP Cloud」を導入

ZDNet Japan Staff

2018-07-17 11:58

 鹿児島・宮崎で94店舗のスーパーを展開(2018年4月時点)するタイヨーは、基幹システムに「Oracle ERP Cloud」を導入した。将来の事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、経営情報の可視化・分析による戦略的意思決定の実現する。日本オラクルが7月13日に発表した。

 日本オラクルによると、個人消費が伸び悩み、同業だけでなく他業態との競争が激化するなど流通を取り巻く環境は日々変化している。タイヨーでは、自社改革に取り組む一方、自社の事業拡大に向けた事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる経営基盤を求めていた。

 従来、タイヨーでは市場や業務の変化に合わせて対応を図っていたが、旧来のシステムが原因で柔軟な業務改革が抑制されていた。また、何度も入力が必要になるなど業務が適切に連携されていないことによる作業の煩雑化に加え、システム運用コストの増大などの課題もあった。

 そこで、さらなる成長を目指し、老朽化した複数台のサーバの運用を終了。自社でシステムを保有しない方針を打ち出した。今回、経営視点で全体最適を実現するシステムを目指し、常に最新機能が使えて短期間にコストを抑えて導入でき、経営情報の可視化と分析による経営陣の戦略的意思決定を支える仕組みとして「Oracle ERP Cloud」を導入した。これにより、経理・財務データをクラウド上に一元管理・可視化し、属人的であった業務を標準化することで業務の効率化も実現する。

 日本オラクルによると、「Oracle ERP Cloud」の導入にあたり以下の特長が評価されたとしている。

  • 経理・財務・予算管理業務を網羅した「Oracle ERP Cloud」のビジネス・プロセス・モデルを利用することで、業務効率化と全体最適化を実現できる点
  • 「Oracle ERP Cloud」にあらかじめ組み込まれたビジネス・インテリジェンスを利用することで、経営陣の戦略的意思決定を可能にする点
  • 「Oracle ERP Cloud」を利用することで、短期間にコストを抑えて導入が可能な点

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]