編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
AWS Summit

AWSの機械学習サービス「SageMaker」に新ストリーミングアルゴリズム機能

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-18 10:58

 Amazon Web Services(AWS)は、企業が自社のアルゴリズムを持ち込み、機械学習サービス「SageMaker」上でストリームできるようにする新機能を発表した。これにより、トレーニングの速度を高速化できるという。アルゴリズムはまず、「TensorFlow」に対応する。

 米ニューヨークで開催された「AWS Summit」で、AWSで機械学習分野のディレクターを務めるMatt Wood博士はSageMakerの強化として、ストリーミングアルゴリズムやバッチジョブの改善に関する新機能を紹介した。

 「モデルをトレーニングして本番環境に置く時間を大幅に削減できる」とWood氏は説明する。

 AWSの機械学習フレームワークとプラットフォーム、それに「Rekognition」「Polly」「Lex」といったAIサービスの説明に合わせて、2017年末の自社イベント「re:Invent 2017」以来、100以上の機械学習向けの新しいサービスを出荷したことも報告した。

 Amazonのプライムデーで障害が発生したが、AWS幹部は基調講演のステージでこれについては言及しなかった。

 これらSageMakerの強化は、来週開催されるGoogleのクラウドカンファレンス「Google Cloud Next」に先立って発表された格好となる。Googleのカンファレンスでは、機械学習分野とトレーニングの強化にスポットが当たることが予想される。Google Cloudはすでにトレーニングを高速に行うための「AutoML」を発表している。

 Wood氏によると、ストリーミングアルゴリズムとバッチ処理はS3ストレージから直接データを取得でき、GPU及びCPUインスタンスに直接情報を送ることができるという。

 バッチ処理では、「SageMaker Batch Transform」を利用して、APIコールでデータを分割することなく大規模なジョブを処理できるという。

 イベントでの最高技術責任者(CTO)を務めるWerner Vogels博士とWood氏のスピーチは機械学習とエッジコンピューティングが中心で、開発者にAIツールをもたらすというものだ。AWSはインフラであるとともに、アナリティクス、AI、機械学習のプラットフォームであるというのが全体のメッセージとなった。

AWS

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]