編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

AWSが見せた、イノベーション加速へのさらなるフォーカス

Forrester Research 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-04-19 06:30

 米サンフランシスコで開催された「AWS Summit」では、新しいサービスがいくつか発表されたほか、「re:Invent」で紹介されたいくつかの新サービスの一般提供が開始された。しかし今回のカンファレンスで見えたテーマは、AWSが企業のデジタルイノベーション戦略を加速させる能力の強化だった。

 このテーマの核は、AWSが創業以来掲げてきたものと同じだが、今回のカンファレンスで変わったのは、従業員に新しいスキルを獲得させなくても、新たなイノベーションが可能になるサービスを幅広くそろえたこと、そして、それらのイノベーションを推進するためにスタッフを再編する際に、最高情報責任者(CIO)が直面する課題と向き合ったことだ。

 これらの新たな側面は、同社の最高技術責任者(CTO)Werner Vogels氏が行った基調講演にも明確に現れていた。同氏の講演では、新しいアルゴリズムの構築やトレーニングが不要で、データのデプロイメントや規模の拡大への対応、管理などの心配もなしに、データから知見を引き出せる一連のAIサービスが紹介された(これらのサービスの中には、新たに発表されたものや、今回一般提供が開始されたものもあった)。また、AWSの深層学習(DL)および人工知能(AI)担当ゼネラルマネージャーMatt Wood氏は、同社がre:Inventで発表したいくつかのトレーニング済みモデルを利用することで、場所、名前、言語などの要素に関して、データセットを自動的に分析できることを示した。これらのうち「Transcribe」と「Translate」(英語からスペイン語)の2つは、すでに一般提供が始まっている。これらのツールをAWSのBIツールである「QuickSight」と組み合わせれば、社内に機械学習に関するスキルがほとんどなくても、リッチなデータ分析が可能になるという。同社の機械学習サービスは、AWS上に保存されているデータや、「Direct Connect」のリンクを介してアクセス可能なデータを取り込み可能であり、同社のAIコアプラットフォーム「SageMaker」は、「TensorFlow」や「MXNet」を使ったオープンソースツールに対応している。

 AWSの「ML Solutions Lab」を利用すれば、社内に十分なスキルがなくてもこれらのサービスを利用できる。ML Solutions Labは、必要に応じて利用できるデータサイエンティストのチームだ。また、データセットのスケーリングの問題には、re:Inventで発表された「Aurora Multi-Master」や「Aurora Serverless」、「S3 Select」や「Glacier Select」で対応できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]