編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オラクルが7月の定例パッチ公開--334件の脆弱性を修正

ZDNet Japan Staff

2018-07-18 13:28

 Oracleは米国時間7月17日、四半期ごとに公開している定期セキュリティパッチである「Critical Patch Update」(CPU)の最新版をリリースした。今回修正された脆弱性は334件で、ここ数年で最大の規模になった。そのうち、リモートから認証を経ずに悪用される可能性のある脆弱性の件数は、全体の6割を超える205件だった。

 2014年7月の修正件数は113件であり、今回の件数は当時のほぼ3倍となる。CPUの件数は、2016年7月以降250件を超える大型なものになっているが(2018年1月の237件を除く)、今回は大きく増加した。

 今回のCPUには、Common Vulnerability Scoring System(CVSS:共通脆弱性評価システム)の10点満点の評価でスコアが9.0以上の、極めて深刻な脆弱性が61件も含まれているという点でも注意が必要だ。

 今回も、同社の主力製品である「Oracle Database Server」を含め、多くの製品にパッチが提供されている。中でも特に脆弱性の件数が多かったのは、「Oracle Financial Services Applications」(56件)、「Oracle Fusion Middleware」(44件)、「Oracle MySQL」(31件)、「Oracle Retail Applications」(31件)などだった。

 一般ユーザーに影響が大きい「Oracle Java SE」の修正項目は8件と比較的少なかったが、すべてがリモートから認証なしに悪用可能な脆弱性となっている。

 Oracleはできるだけ速やかにパッチを適用することを強く推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]