編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグル、「G Suite」を法人向け「Google Voice」などで強化

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-26 10:34

 Googleはカリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「Google Cloud Next '18」カンファレンスの2日目にあたる米国時間7月25日、法人向け「Google Voice」の追加を含む、「G Suite」に対するさまざまな機能強化を発表した。

 Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるGarrick Toubassi氏は同カンファレンス2日目の基調講演で、「Google Voiceは既に、膨大な数のコンシューマーに愛用されている」と述べた。

 単なる音声という枠を超えたテレフォニーをもたらす法人向けのGoogle Voiceは、「Early Adopter Program」を通じて提供が開始されている。同社はコンテキストの判断と、人工知能(AI)技術の活用により、ボイスメールのテキスト化や、通話のフィルタリングといった機能を実現する。なお同社はこれまで、G Suiteの顧客に対するテレフォニーの提供をサードパーティーに頼っていた。

 さらにToubassi氏は、「Google Drive Enterprise」がスタンドアロン製品として購入できるようになったことを発表した。

 同氏は、この製品により「従業員に対して、生産性向上と、メールやカレンダー、その他のレガシーツールから割り込まれることのないコラボレーションがただちにもたらされる」と述べ、「Google Drive」のアクティブユーザー数が今週中に10億人を超える見込みだと続けた。

 また同社は、G Suiteの「Cloud Search」に新たな機能を導入した。この新機能によって企業は、G Suite上に存在していないサードパーティーのデータを、それがクラウド環境にあるかオンプレミス環境にあるかにかかわらず、セキュアなかたちでインデックス化できるようになる。その結果、従業員は必要なデータのみ閲覧可能になることが保証される。

 同社はさらに、「新しいGmail」の一般提供を開始したとも発表した。これにより、セキュリティ警告の向上のほか、メールのスヌーズやオフラインアクセスといった機能がより多くのG Suiteの顧客にもたらされる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]