編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグル、「Cloud Services Platform」発表--クラウドサービスファミリを統合

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-25 10:50

 Googleはカリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「Google Cloud Next '18」カンファレンスの初日にあたる米国時間7月24日、「Cloud Services Platform」という新たなクラウドプラットフォームを発表した。同プラットフォームは、複数のクラウドサービスファミリを統合したものであり、オンプレミス環境に依然としてワークロードを抱えている企業に向けた製品となっている。

 同プラットフォームは簡単に言うと、ITリソース(オンプレミス上のリソースと、「Google Cloud Platform」(GCP)上のリソース双方を含む)を、開発や管理、統制という観点で一貫性ある枠組みに置くというものだ。その目的は、リソース管理にまつわるクラウド環境とオンプレミス環境の間の典型的なトレードオフ(例えばアジリティとセキュリティ間のトレードオフ)を克服することにある。

 同プラットフォーム上で提供されるサービスには、オンプレミスで利用可能な、同社のマネージド型「Kubernetes」環境「Google Kubernetes Engine」(GKE)も含まれている。

 オンプレミス環境で利用可能なGKEである「GKE On-Prem」は近日中にアルファ版の提供が開始される予定だ。GKE On-Premを使うことで、顧客はGCPとオンプレミスをまたがる複数のクラスタの統合管理や、監視の一元化、プロフェッショナルサービスおよびサポート、ハイブリッドなアイデンティティ管理やアクセス管理を手にできるようになる。

 GKE On-Premに加え、新たなCloud Services Platformには、まもなくアルファ版となる「GKE Policy Management」が搭載される。このサービスによりKubernetesの管理者は、すべての登録クラスタに対して自動的に同期されるポリシーを一元管理できるようになる。また、同プラットフォームには「GKE Serverless」アドオンも含まれている。このアドオンを使用することで顧客は、サーバレスワークロードをGKEに1ステップで配備できるようになる。

 Cloud Services Platformには開発者向けツールも搭載されている。「Cloud Build」は完全マネージド型の継続的インテグレーション/継続的デリバリ(CI/CD)プラットフォームだ。

 Cloud Services Platformには、マネージド型の「Istio」サービスも搭載されている。IstioはGoogleが立ち上げを支援したオープンソースのサービスであり、開発者がベンダーに依存することなく、クラウドプラットフォーム上でさまざまなマイクロサービスのネットワークを管理できるようにするものだ。このマネージドサービスはアルファ版となっており、これにより顧客はGKEクラスタ内におけるサービスを管理できるようになる。

 Cloud Services Platformは、Istioインフラや「Google App Engine」上での稼働を必須とするワークロードに向け、「Stackdriver Service Monitoring」を提供する。この新サービスにより管理者は、すべてのマイクロサービスとそれらのやり取りをリアルタイムで把握できるようになる。

 GoogleはCisco Systemsといったパートナー企業と連携しており、Cisco Hybrid Cloud Platform for Google Cloudが8月に一般提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]