編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Google Cloud、SAP HANAワークロード向けにインテル「Optane DC」活用へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-24 10:26

 Googleは米国時間7月23日、Intelの新しい「Optane DC」不揮発性メモリを使って、「Google Cloud Platform」上の「SAP HANA」などのワークロードのサポートを強化すると発表した

 Intelによると、2018年に入って発表されたOptane DC不揮発性メモリモジュールは、全く新しいタイプのメモリおよびストレージテクノロジ製品だという。DRAMではなくIntelの「3D XPoint」テクノロジをベースとしており、より多くのワークロードをプロセッサの近くに配置することで、データセンターにおけるインメモリデータベースの高速化を支援する。

 Optane DC不揮発性メモリを利用するSAP HANAなどのワークロード向けのGoogle Cloudインスタンスは、2018年中にテストで利用する顧客にアルファ版が提供される予定だ。これらのVMは、今後登場予定のIntelの「Cascade Lake Xeon Scalable」プロセッサによって実行される。これらのVMインスタンスは、DRAMだけを利用するインスタンスに比べて、より大きな総メモリ容量をより低コストで提供できるはずだ。

 GoogleのNan Boden氏とParthasarathy Ranganathan氏はブログ記事で、「当社の顧客は、SAP HANAのインメモリワークロードを革新的なデータ管理ユースケースに使用する。このことでより大きなメモリ容量の需要が高まっている。われわれは常にGCPのインスタンスサイズの限界に挑戦しており、GCP上でSAPワークロードを実行する、より費用効率の高い方法を模索している」と述べた。

 SAPとGoogleは1年以上前から提携関係にあり、クラウド市場のエンタープライズ顧客への訴求で協力している。今回の発表は、Googleの年次クラウドカンファレンス「Google Next」の開幕前夜に行われた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]