OpenStackの最新版「Rocky」がリリース、ベアメタルへの展開が容易に

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-31 13:21

 これまで「OpenStack」のバージョンをアップグレードするのは難しい作業だったし、ベアメタル上での展開も苦労が多かった。しかし、米国時間8月30日にリリースされたOpenStack 18「Rocky」では、このどちらの問題も対処が容易になる。

 これまでも、オープンソースのOpenStackで構築されたクラウドでは、ベアメタル、仮想マシン(VM)、GPU、コンテナなどさまざまなハードウェアアーキテクチャが利用できたが、ベアメタルで利用するにはコツが必要だった。今回のバージョンでは、OpenStackのベアメタル用プロビジョニングモジュールである「OpenStack Ironic」に、ベアメタルで構成されたインフラの高度なマネジメント機能やオートメーション機能が導入された。また、コンピュートインスタンスをプロビジョニングするサービスである「Nova」も、仮想マシンとベアメタルサーバの両方に対応した。これは、マルチテナントに対応したことを意味しており、ユーザーはVMと同じように物理インフラを管理できるようになる。

 Red Hatの主席ソフトウェアエンジニアであり、OpenStack Ironicのプロジェクトチーム責任者であるJulia Kreger氏は、「OpenStack Ironicはベアメタルクラウドサービスを提供しており、これまで仮想マシンでしか享受できなかったオートメーションと高速なプロビジョニングの恩恵を、物理サーバでも実現した。これは強力な基盤であり、VMとコンテナを1つのインフラプラットフォームで併用することが可能になる。これは多くのOpenStack利用者が待ち望んでいたことだ」と述べている。

 OpenStackのアップグレードは簡単ではない。しかし、OpenStack Rockyで正式に導入された「Fast Forward Upgrade」(FFU)機能を利用すれば、新バージョンに移行するのが楽になる。FFUを利用すれば、リリース「N」を使っている「OpenStack on OpenStack」(TripleO)のユーザーが、中間のリリースを素早く通過して、いきなりリリース「N+3」にアップグレードできる(現時点のFFUは、「Newton」から「Queen」にアップグレードする)。いきなりRockyにすることはできないものの、従来よりはずっと早く、それに近いバージョンまでOpenStackをアップグレードすることができる。

 OpenStack Foundationはその他の主要な新機能について、プレスリリースの中で以下のように説明している。

  • 「Cyborg」は、GPU、FPGA、DPDK、SSDなどのアクセレレータのライフサイクル管理機能を提供しているが、RockyではFPGA用の新しいREST APIが導入された。これによって、FPGAデバイスにロードされた機能を動的に変更することが可能になる。
  • Rockyでは「Function as a Service」(FaaS)プロジェクトである「Qinling」(「チンリン」と発音する)が導入された。これを利用することで、OpenStackクラウド上でサーバレスコンピューティングを実現できる。
  • 仮想マシンの高可用性を実現する「Masakari」が導入された。
  • 負荷分散プロジェクト「Octavia」で、UDPがサポートされた。これによって、エッジコンピューティングやIoTでOpenStackを利用する際に負荷分散を行うことができる。
  • Magnumが認定Kubernetesインストーラーになったことで、OpenStack上にKubernetesを展開するのが容易になった。

 OpenStack Rockyはこのページからダウンロードできる

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]