編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ウイングアークら3社、工場の可視化を短期に実現--生産現場の変化を把握

NO BUDGET

2018-09-07 17:34

 ウイングアーク1st、アスプローバ、トーテックアメニティ(TOTEC)の3社は9月5日、生産スケジューラと生産実行システム(MES)を連携させ、工場の可視化を短期に実現するソリューションを提供開始すると発表した。

 これは、アスプローバの生産スケジューラ「Asprova」とウイングアークのMESアプリケーション「MESOD」を連携させたもの。生産ラインにおけるさまざまなデータをMESODで収集蓄積し、設備ごとの稼働状況や生産進行、予実情報といった生産現場の可視化を実現する。これにAsprovaを連携させ、さらなる工場の可視化と、予実分析を可能にする。

ソリューションの概要
ソリューションの概要

 両製品の連携により、生産計画とそれに基づいた生産実績を把握し、PDCAを回せるようになる。また日々発生する現場トラブルや生産進行の遅れを把握し、スケジューラ反映することで、変化に強い生産計画の立案が可能となる。さらに、予実分析から工程作業時間を改善し、それを生産計画に反映させることで、より精緻な計画立案を可能にするとしている。

 導入支援については、TOTECがユーザーのニーズに沿ったメニューで実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]